「社会保険料適正化(削減)」のご提案

社長さまご存じですか?社会保険料っていくらかかっているのでしょう?

年収500万円の社員1人あたり、 企業は

1年間

 

約70万円 

 

支払っています(年収の約28%)

 

社会保険料  料率
 厚生年金保険料   約18%
健康保険料  約10%
(兵庫県協会けんぽの場合)  
合計  約28%

    

    健康保険料は介護保険第2号被保険者に該当しない場合

    平成29年3月現在(同年4月から納付) 

 

 


社員が50人の場合

 

 70万円× 50人=     3,500万円

 

社員が100人の場合

 

 70万円×100人=  7,000万円

年間の支払額です

 

将来的にはこんなに社会保険料は増大します!

厚生年金保険料率は、

     毎年 0.354% ずつ上がり続けます。

 

健康保険料率アップも必至

平成29年度には30%時代がやってきます。




社会保険料を適正化する方法は?

 

 4・5・6月の残業を減らして適正(削減)

 

 昇給月を7月にして適正(削減)


  標準報酬月額保険料の幅で適正(削減)