就業規則は 社長さまの理念です!       そして、会社を守る唯一のツールです! 10人未満の会社でも 作成しておくとよいことがたくさんあります      

日本一読みたくなる就業規則を作ってみませんか

最近、過重労働、サービス残業、セクハラ、パワハラ、うつ病などさまざまな問題が労使間トラブルとして多くのメディアをにぎわしています。

就業規則を変えると業績が上がります

その理由

 

経営(会社)側に立ったご提案をいたします!

→会社の理念を盛り込んだオリジナル就業規則

一般的に経営戦略型、企業防衛型などと言われる『会社を守る』就業規則の作成をご提案します。
もちろん、ごく一部のモンスター社員、トラブルメーカー、問題社員から「会社を守る」訳ですから、一般の社員さんには働きやすい労務管理体制を目指します。

労働基準監督署の是正勧告・指導から会社を守ります→安心してお仕事に専念できます

賃金不払い残業(サービス残業)、法定労働時間違反、名ばかり管理職問題等、『労働基準監督署からの是正勧告・指導から会社を守る』就業規則をご提案します。
労働・労務コンプライアンス対応型の就業規則を目指します。



予想される労務トラブルから会社を守ります

パワハラ、セクハラ、メンタルヘルス、懲戒、解雇や問題社員による『労務トラブルから会社を守る』就業規則をご提案いたします。


本来の仕事に集中できるので 

          業績は自ずとアップ🌸

あなたの会社は大丈夫!?

就業規則・すぐに発見できるリスク 「えっこんなことまで〜」

リスク1: 面接時点で、「運転記録証明書」の提出を義務付けていますか?

最近、営業中の車の事故が多くなっています。(観光バスの居眠り、配送トラックの暴走等・・)

営業で車を使われている場合は、過去の交通違反記録の証明書を取ることはリスク管理として必須です。


リスク2: マイカー通勤は許可制にしていますか?任意保険の加入を義務付けていますか?

マイカー通勤の禁止規定がないと自由に通勤できることに・・・そして事故 会社の責任は?

 

リスク3: 休職期間を1年を超える期間に設定している。

同じ理由で休職した場合の復職の通算規定はあるか? 復職に当たって医師の診断書を会社指定の医師という条項があるか?その費用負担は?

 

リスク4: 服装や髪型、ピアス等に関しての服務規程はありますか?

接客業・飲食業では、必須条件。

→ 飲食業といえば・・・内部通報者(密告問題)

 

リスク5: 係長(課長)職以上を管理監督者とする規定になっていませんか?

→ 1年間の未払い残業代227億円! 

→ 労務管理リスク対応型 就業規則になっていますか?診断ですぐに発見できます。

 

お試しコーナー

社長さまへ

御社の就業規則を 最近ご覧になったことはありますか?

就業規則は社長さまのバイブルです。と同時に会社の規律を守る上で大事なルールブックでもあります。


無用なトラブルに巻き込まれる前に こちらの無料診断でぜひご確認ください。 御社がますます発展するために 就業規則の整備は不可欠です。